• Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home アトラクション 見どころ シェルドリック動物孤児院

 シェルドリック動物孤児院

ナイロビ国立公園の近くにシェルドリック動物孤児院があります。ケニア中の象やサイの子供を集めたこの孤児院は、ケニアの著名な猟区管理官のデビッド・シェルドリックの未亡人であるダフネ・シェルドリックによって設立され、引き続き運営されています。

1970年代、デビッド・シェルドリックはツァボ国立公園における象牙の密猟者との闘いで中心的な役割を演じました。現在、このシェルドリック孤児院は象の保護における中心拠点となっています。密猟によって孤児となった子供の象がケニア中からここに連れてこられます。子象たちには専門的な処置が施されます。母親代わりとなる献身的なスタッフが24時間体制で子象の身のまわりの世話をします。

最終的に子象たちはツァボへ移され、野生の象の群れのなかに慎重に再導入されます。動物孤児院は、午前中に一般公開されています。午前中は子象が運動と水浴びをする時間であり、訪問者は自由に見学することができます。ここは、象とその保護に関する知識を得るのに格好の場所です。